プライベート空間を保持しつつ家賃軽減ができる併用住宅

電話

戸建て住宅の依頼先

外観

戸建て住宅の依頼先を探す場合、大手住宅メーカーや工務店の中から探すのが一般的です。設計事務所はビルの設計が主な仕事と思われがちですが、そうではありません。東京には主に住宅の設計を行う建築家が多数存在します。戸建て住宅の依頼先を探す場合、選択肢の一つになります。

View Detail

良い家が多い

案内

「浜松」は国内で最も住みやすい田舎と言われていて、分譲住宅の人気も高い。気候にも恵まれていて、くだものや野菜など農作物が育ちやすい。分譲住宅を選ぶとき、長く暮らすためにもまわりの環境をチェックしておくことが大事だ。

View Detail

オーナーと暮らす賃貸物件

男性作業員

併用住宅とは店舗や事務所、賃貸物件と併用して作られる自宅の事であり、オーナーと賃貸利用者が同じ屋根の下で暮らす事になります。同じ建物に居ても顔を合わせる機会はほとんど無いため、心身の負担は少なく、気兼ねなく賃貸経営が行えます。併用住宅の特徴は1、2階部分が店舗や事務所、賃貸物件になっており、それより上の階がオーナーの自宅となります。入口は別々に設けられており、オーナーのプライベート空間は守られているので、リラックスして過ごせます。賃料はオーナーが決めますが、空き室を作るのを避けたいならば、地域や周辺にある賃貸物件の相場を知ることが大切です。経営が難しいと感じた場合は、仲介業者に依頼して管理を頼む事もできるため、必要に応じて判断します。

予想される賃料や空き室の有無等、ある程度の未来を見据えて経営を行うため、併用住宅にリスクは付きものです。それでもマイナスを作らないよう経営するのであれば、知識や情報を得ることが大事で、仕組みを理解する必要があります。併用住宅の賃貸物件でゴミ出しや騒音等のトラブルが発生した場合、仲介業者がいなければオーナーが注意を促します。ただオーナーの中には注意するのが苦手な人、無用なトラブルやストレスを避けたい人もいるため、そのような場合には業者に依頼すると良いです。また経済状況によっては賃貸経営が不況に陥ったり、賃貸利用の減少が見られる事もあるため、時勢にも注意します。併用住宅のオーナーになるという事は、あらゆる面に目を向ける必要があるため、日々勉強が求められます。

理想の住宅を手に入れる

家

東久留米市周辺で一戸建てを建てるという場合には、信頼することが出来る業者を選ぶことが大切になります。一度建ててしまうと、変更をすることが難しい箇所もありますので、生活動線に合わせた設計を依頼すると良いでしょう。

View Detail