戸建て住宅の依頼先|プライベート空間を保持しつつ家賃軽減ができる併用住宅

プライベート空間を保持しつつ家賃軽減ができる併用住宅

笑顔

戸建て住宅の依頼先

外観

設計施工を分離する必要性

建築を建てる場合、設計と施工を同じ会社に依頼する場合と、分離して依頼する場合があります。大手住宅メーカーは設計と施工を同時に受注し、工務店は施工のみを受注する場合もあります。東京の建築家は設計のみを受注し、工事は建築主が工務店等に別途依頼します。設計と施工を分離することのメリットは、きちんとした工事の監理ができることです。設計と施工が同一の会社で行われた場合、工事の監理が甘くなりがちです。自社の技術者が担当する工事を、同じ会社の社員がチェックしづらいからです。その点、東京の建築家の場合は、遠慮なく現場に注文を出すことができます。工事現場では、工事会社と利害関係のない第三者のチェックが必要です。

設計者に伝えたい内容

東京の建築家に戸建て住宅の設計を依頼した場合、伝えておきたい事柄があります。東京の建築家は、大手住宅メーカーのように、標準的な設計パターンを用意していません。全ては、建築主の意向を聞いてから、設計作業が始まります。東京の建築家に対しては、建築主は必要な要望をはっきりと伝える必要があります。何も言わなくても建築家が建築主の意向を察して、希望にかなった住宅を設計してくれるだろうと考えるのは誤りです。どんな住宅にするかの方針は、あくまでも建築主が自身で決めなければなりません。要望をことばやスケッチで設計者に伝えることは、とても大切なことです。もし、はっきりとした要望を決めかねているときは、自分や家族の生活スタイルを伝えることで、設計者に設計のための判断材料を与えることができます。