良い家が多い|プライベート空間を保持しつつ家賃軽減ができる併用住宅

プライベート空間を保持しつつ家賃軽減ができる併用住宅

笑顔

良い家が多い

案内

早く慣れる

国内で1番住みやすい田舎とも言われている「浜松」はちょうど関西と都心の中間地点にあり、くだものや野菜を育てる農業地としても有名だ。就職率も高いことから10代、20代の若い世代からも注目されている。また、リーズナブルな費用で分譲住宅が購入できることも話題になっているようだ。分譲住宅は機能性かデザイン性のどちらかに偏ってしまうことが多いが、浜松の工務店が建てる物件はどちらも兼ね備えている。駅の近くにある物件も、都会ではありえない料金で購入できる。新婚や小さなお子さまがいる家庭は学校だけでなく、近くにのびのび過ごせる公園があることも重要だ。近所に住む人たちとコミュニケーションを取れる場所があると、その環境に早く慣れると言われている。

適度な広さが良い

「浜松」は気候が安定していることが農作物がおいしく育つことにつながっていて、それは人が住みやすいことにも影響している。そんな住み心地抜群の浜松で分譲住宅を買うときは、まわりにどんな人が住んでいるのか、これからどんな人が住むのか不動産に聞いておくと良い。後回しで良いとされているが、長く住むには近所付き合いが左右されるのでとても大事なことである。また、お庭の広さで分譲住宅を選ぶ人も多いが、広さで喜ぶのは最初だけと言われている。暮らしているうちに人目が気になってお庭に出る回数はどんどん減ってくる。そして適度な広さがあれば良いということが分かり、人目に触れにくい中庭や屋上のほうが良いと感じるようになる。